瞼のたるみとは

瞼のたるみや下瞼のたるみはとても気になります。年齢を重ねるとともに瞼のたるみが進んでいきます。
下眼瞼のたるみとは、瞼板の下にある眼窩中隔という膜が弱くなることによって、脂肪が前へぼこっと出てたるみが生じる現象です。いくつもの脂肪が入り組んでいる下眼瞼の脂肪は、大きく目頭側、中央、目尻側の3つに分かれ、中でも目頭側の脂肪が一番たるみやすいとされています。眼窩中隔が先天的に強い、弱いなども関係しており、下眼瞼のたるみを生じる入の中には、常にぼこっと出ているという先天的な入もいます。
最近は色々な化粧品やサプリメントなどでお肌に栄養を補って目や瞼のたるみ、下瞼のたるみ、あごや顔全体のたるみを元に戻す方法や専門医による瞼のたるみ解消の手術などで治す方法などがあちこちで紹介されています。

下眼瞼のたるみ除去手術

手術方法は、大きく2つに分かれます。ひとつは若くて皮膚のたるみがない場合で、睫毛の際を切り、余分な脂肪をとる手術を行います。もうひとつは、加齢により皮膚がたるんでいる場合で、同じく睫毛の際を切って脂肪を取り除き、さらに余っている皮膚を縫い縮めます。
シワができないようにと無理に皮膚を取りすぎると不自然な眼に仕上がるので注意が必要です。手術を行う際は、ネットで口コミなどを調べ評判の良い美容整形にお願いすべきですね。

下眼瞼のたるみを自分で解消

下眼瞼のたるんで見える原因は老化だけとは限りません。血液の流れやリンパ腺の循環機能が低下してしまい余分な水分とか脂肪を外に出せなくなることで皮下組織の脂肪細胞が増加している事もあるようです。
ご自分でたるみを解消するにはマッサージが良いでしょう。過度の力をいれないで、軽く指の腹を使ってマッサージしてください。まず、こめかみから目の下へそして鼻の方へと軽く指先でなぞるように行います。そしてそのまま目の上(瞼)へ回ってもとのこめかみへ戻ります。最後のこめかみに戻ったときに少し強めに押してください。

スポンサードリンク